« 観光立国 | トップページ | 情報の取説(捨て方) »

2015年10月25日 (日)

事実の追及の意義とは

事実の追及とは、我々が安心して暮らせることを担保することである。

嘘や隠し事は悪である。

凶悪犯が事実を捻じ曲げたり隠したりして一般社会にいたら皆さんどう思うでしょうか?

事実を追及することは、一般人が安心して生活を営むためには致し方ない。

では、プライバシーとの両立とはどうなるのだろうか?

筆者なりの結論は法治国家である以上、法に触れてなければプライバシーは守られるべきである。しかしながら、得てして法律というのは現実世界の問題を後追いして創られるものです。時代を先取りした事象を犯罪とするか、はたまた時代の先取りとして世の発展と考えるか、そのさじ加減を握っているのが検察もしくは警察という組織だと考えてしまいます。

秩序とはなんぞや、シンプルなようでとても奥が深いと気付く・・・

(本記事を書くきっかけをいただいた書籍です)

 

 

« 観光立国 | トップページ | 情報の取説(捨て方) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1178720/62201728

この記事へのトラックバック一覧です: 事実の追及の意義とは:

« 観光立国 | トップページ | 情報の取説(捨て方) »

最近のトラックバック

最近のコメント

2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ